ブライダル脱毛 比較

最速6ヶ月で完了のスピーディー脱毛!

高い脱毛効果・低価格・無痛脱毛ならストラッシュ!
最新理論のSHR脱毛で、産毛のないツルスベ肌へ!!

ストラッシュ(STLASSH)の公式サイトを見てみる

結婚を焦る瞬間はこんなとき! 女性が結婚の必要性を感じるタイミング

結婚を焦る瞬間はこんなとき! 女性が結婚の必要性を感じるタイミングとは

 

女性が結婚を焦る瞬間

 

「結婚はいつかできること」「結婚はいつかするつもり」と思っているとタイミングを逃してしまうものです。

 

 

結婚恋愛とは違い、待っているだけではなかなかチャンスをつかめるものではありません。

 

 

向こうからやってくるタイミングを待っていると、いつしか結婚適齢期を逃してしまい、焦りがやってくるのです。

 

 

 

今回は、多くの人が結婚を意識して焦りを感じる瞬間についてお話しします。

 

 

 

同年代の友人が出産したとき「結婚のリミット」を感じ焦る

友人の出産

 

多くの未婚女性は、結婚について「いつかはしたい」「いつかはできる」と漠然と考えているのではないでしょうか。

 

 

しかし、結婚恋愛とは違い「契約」なのです。

 

 

恋愛は、いつ始まって終わるのかがはっきりしないため「いつか」という感覚でもかまいません。

 

 

 

しかし、結婚は契約によって始まることなのです。

 

 

契約を結ぶためには、条件やお互いのすり合わせが必要になります。

 

 

 

また、結婚は無期限契約になるため、将来設計も加味してから契約する必要があるのです。

 

 

そのため、恋愛のように突然スタートが来ることは少なく、それなりの準備が必要になります。

 

 

 

しかし多くの未婚女性は「いつか」と準備を先延ばしにしてしまい、スタートが遅くなりがちです。

 

 

スタートが遅くなれば、必然的に結婚というゴールは遠くなります。

 

 

結婚というゴール

 

 

「結婚への焦り」はスタート準備を意識するための良いきっかけです。

 

 

結婚への焦りを感じたときには「自分にも結婚準備をスタートさせるタイミングがやってきた」と前向きにとらえてみるといいのではないでしょうか。

 

 

 

「結婚への焦り」を感じるタイミングに「友人の出産」があります。

 

 

 

少し前までは、友人の結婚式結婚を意識するきっかけになることもありましたが、晩婚化が進むにつれて「友人の結婚式」は単に結婚へのあこがれを募らせるものにしかならなくなっているのではないでしょうか。

 

 

 

友人のほとんどが結婚しても、まだ「いつか自分も結婚はしたい」と思うだけで、準備までには至らないのです。

 

 

しかし、友人の出産は焦りを感じるかもしれません。

 

 

 

出産結婚とは違い、どうしても年齢を意識させることです。

 

 

 

結婚は年齢を問わずいつでもできることだけど、出産に関しては「リミット」を感じざるを得ません。

 

 

 

「子ども」を意識せず、二人の生活を大切にしたいと決めている場合は焦りを感じないこともありますが、結婚に憧れを持っている人の中には、家族を作ることもセットで夢見ていることがあります。

 

 

 

そういう人は「友人の出産」を機に結婚に焦りを感じるかもしれません。

 

 

異性の友人から真面目な相談を受けたとき「女性として見られていない」と感じ焦る

異性の友人から真面目な相談

 

未婚女性は、二種類に分けられます。

 

 

ひとつ目は、職場や環境によって男性と縁がない人です。

 

 

結婚は、男性との出会いがなければ始まりません。

 

 

女性ばかりの職場で出会いが期待できない人は意外と多いものです。

 

 

 

しかし、最近は「結婚したい」という気持ちがあれば出会う手段はたくさんあります。

 

 

 

結婚への意識が高いようならば、焦りを感じる前に具体的な行動をおこしてみるといいでしょう。

 

 

 

ふたつ目は、男性の友達がたくさんいて、一見モテる女性なのに結婚しない人です。

 

 

 

こういう人は、周囲に男性がたくさんいて、プライベートでも男友達と楽しく過ごしている傾向があるため、本人も「結婚を焦る」ということはありません。

 

 

 

結婚を焦らない理由は「周囲にいる男性から自分は女として見られている」という自信があるからなのです。

 

 

 

しかし、男性は親しすぎる女性を異性としてみなくなることがあります。

 

 

女性側は「男」としてみていても、男性側からある時を境に「姉御」になってしまうのです。

 

 

 

「自分が姉御としてみられている」と確信する瞬間は、男性側から真面目な相談や恋愛相談をされたときではないでしょうか。

 

 

男性は、異性としてみている女性に弱みをみせたくはないものです。

 

 

 

真面目な相談をするときには、弱みもすべてさらけ出して話をする必要があります。

 

 

つまり、真面目な相談をされたということは、異性としてみられているのではなく、頼れる存在「姉御」としてみられている可能性が高いのです。

 

 

 

「頼れる姉御」は結婚とは対角線上にある言葉ではないでしょうか。

 

 

 

結婚の対角線上に自分が立っていると気が付いたとき、結婚に焦りを感じるのです。

 

 

年齢別平均貯蓄額を下回っていることに気が付いたとき「経済的な不安」を感じ焦る

貯蓄

 

未婚女性の中には、バリバリ働いてマンションを購入したり、たくさん貯金をしている人もいます。

 

 

「生涯独身」と決めている人は、一人の生活を充実させる準備をしっかりとしている傾向があるのです。

 

 

 

生涯独身と決めて、しっかりと準備をしているならば、周囲が結婚しても何をいわれても結婚への焦りを感じることはないでしょう。

 

 

 

しかし、生涯独身という決意をしたわけでもなく「いつか結婚はする」と思いながら、ズルズルと独身生活を送っている人は要注意です。

 

 

 

なぜならば、生涯独身を貫くということは、やはり「お金」が頼りになります。

 

 

十分なお金は、経済力を安定させるだけでなく、心にゆとりも与えるのです。

 

 

 

しかし、自分が同年代の人よりもお金を持っていないことがわかったときには、焦ります。

 

 

 

結婚すれば、相手と協力して生活をすることができるため、自分自身のお金が少なくても不安にならないのかもしれません。

 

 

また、お金は不安を感じたからといって、急に貯めることもできないのです。

 

 

 

「自分はお金を持っているほうではなかった」と気が付いたとき、今後の生活を共にする協力者が欲しいと焦ることもあるのです。

 

 

 

 

結婚に遅すぎるということはありません。

 

 

 

 

「焦り」というと悪いイメージがありますが、「焦り」は「結婚へのきっかけ」「結婚を真剣に考えるタイミング」ととらえてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

管理人オススメの脱毛サロン!

それぞれのサロンの雰囲気スタッフさんの接客態度は、実際に足を運ばないとわからないものです。

話を聞くだけでもOKなので、カウンセリングに行って相性の良いサロンを探してみましょう。

 


ストラッシュ(STLASSH)

最短6ヶ月のスピード脱毛!

☆全身360°脱毛できる♪
☆日焼けした肌でもOK♪
☆産毛もしっかり脱毛♪

全身脱毛専門店STLASSH(ストラッシュ)

恋肌(こいはだ)

恋肌(こいはだ)

最短3ヶ月でツルスベ肌Get


☆全身脱毛が月額1,435円♪
☆今なら12ヶ月間0円♪
☆産毛にも効果あり♪

月額料金業界最安値に挑戦中!!恋肌(こいはだ)

キレイモ(KIREIMO)

キレイモ

脱毛しながらスリムアップ!

☆認定脱毛士による施術♪
☆安心のドクターサポート♪
☆返金システムあり♪

ジェルを使わない無痛脱毛KIREIMO(キレイモ)